頬骨を整形で解決しよう

術後は・・・

頬骨 整形Dr.ヒロヒの顔面骨形成術

また、施術の後はとても繊細な状況になるので最低でも3日は顔を固定しながら過ごさなければなりません。
フェイスバンテージという包帯のようなもので強く顔を固定することで腫れなどを防ぐことが出来ます。
また、術後は全身麻酔も切れているのでかなり痛みを感じます。
ジンジンとした痛みで、あまりご飯を食べることも出来ません。
その後2週間ほどは安静に過ごさなければならないので、学生は夏休みなどの休みのときがおすすめですし会社員ならかなり長い休みを取らないといけません。
その間は出かけることは可能ですが、常にマスクをしたり、熱いものや冷たいものなどは避けて食生活にも気をつける必要があります。
ここで、大丈夫だろうと気を抜いて過ごしてしまうとせっかくの手術の効果が半減してしまうため、ここのダウンタイムの過ごし方は非常に重要です。
ここまで大掛かりな手術は難しい、という人にはボトックス注射もおすすめです。
こちらは骨を削ることは出来ませんが、日々の生活の中で発達してしまった?の筋肉を和らげてスッキリさせることが出来ます。
注射は5分程度で受けられるもので、値段も整形が100万円を超えるのに対し1回あたり5万円ぐらいなのでかなりチャレンジしやすいです。
ダウンタイムもなければマスクなどで隠す必要もありません。
ちょっと病院に行って、さっと受けるということが可能なので初めて美容クリニックに行くという人にも手軽です。
ボトックス注射は何回か繰り返し受けることでよりスッキリとした輪郭をゲットすることが可能です。
しかし、1回の効果は3ヶ月から半年ぐらいなのでずっと繰り返しクリニックに通う必要はあります。
これらの特徴をふまえて、自分に適した方法で理想の輪郭を手に入れましょう。

輪郭の整形を考えている方へ : どんな手術なの? : 術後は・・・