矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。



矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報ブログ:03 9 2017

減量に励んでいて、
今まで順調に体重が落ちていたのに、
急に変化がなくなると焦りますよね。

でも心配はいりません!
減量中には、
体重が落ちなくなる「停滞期」って、
誰にでもあることなんですよね。

停滞期が訪れる時期は人それぞれですが、
一般的には減量開始から、
二ヶ月〜二ヶ月経過したくらいにみられるようです。

この原因は、
主に身体の防衛反応によるものです。

減量中は摂取カロリーを制限しますよね。
身体にしてみれば、今まで入ってきた
エネルギーや栄養素が入ってこないことになります。

エネルギー不足になった身体は一時的に飢餓状態になり、
次に食べ物が身体に入ったときに
余分に栄養をため込もうとするのです。

ですから、停滞期に入ったら
身体がいまの状態に慣れる過程だと考えて、
それまでどおりの食生活を続けましょう。

体重が落ちないからといって、
食べる事量をさらに制限するのはおすすめできません。
摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうと、
逆に痩せにくい身体になってしまう恐れがあるので、
注意が必要です。

また体操の効果は、毎日継続していくことにより
数ヵ月後から徐々に効果があらわれていくものです。

特に普段から体操をしていない人は、
代謝機能が衰えているので、
体操をしても減量効果を実感できるまでには
多少時間がかかるかもしれません。

焦らずに、
自分のペースにあった体操を楽しみながら
実践してみましょう。

停滞期に惑わされることなく、
食生活のバランス、体操をチェックして、
無理のない減量を続けましょう!